刈谷市、東海市、大府市、岡崎市で遺品整理や生前整理をお考えの方はACSにお任せ下さい

遺族や保証人が
知っておくべき事

遺族や保証人が知っておくべき事

突然、最愛の家族が亡くなってしまった時、パニックになってしまい、何から手をつければよいか分からなくなる方は多いと思います。特に、賃貸物件で一人暮らしをされている方が亡くなった場合は、様々なトラブルに発展する事もあります。こちらではトラブルを防ぐために、遺族や保証人が知っておく事をご紹介しています。

賃貸物件の原状回復

賃貸物件での一人暮らしは、亡くなっている事に気づくのが遅れてしまい、遺体の腐敗が進行している可能性があります。遺体の腐敗が進んでいると体液などで床や畳が腐れ、室内の壁には悪臭が染みついてしまいます。この状態のままでは明け渡す事が出来ないので、特殊清掃による原状回復が必要になります。

部屋の汚れや染み、臭いをしっかりと取り除き、家財などが何も残っていない状態にする事で原状回復がされていると判断されます。原状回復に掛かる費用は遺族が負担するのが一般的ですが、遺族が相続を放棄している場合は保証人となっている方が負担する事になります。

家賃の支払い

賃貸物件は明け渡すまで契約が継続するので、家賃の支払い義務も継続している状態です。
また、原状回復をしてからでないと契約を解除する事が出来ないので、原状回復に時間が掛かってしまうとその分支払う家賃も増える事になります。家賃も遺族や保証人に支払い義務がありますので、早めに原状回復と遺品整理を行って明け渡す事が大切です。

損害賠償の請求

賃貸物件で家族が亡くなられた際は、原状回復をしなければならないので、しばらくの期間は部屋を貸す事が出来なくなります。また、事故が発生した物件は事故物件となってしまいますので、他の部屋よりも家賃を下げなければならない場合もあります。そうなると、大家から損害賠償を請求される事も珍しくないので、迅速に対応してくれる弁護士に相談をして、損害賠償の負担額を減らす事が重要になります。

ACSでは、遺品整理士やハウスクリーニング士、特殊清掃士による遺品整理を、心を込めて行います。名古屋市にお住まいで遺品整理を依頼されるなら、ACSをご利用ください。
また、遺品整理以外にも不要品買取空き家管理も行っていて、対応エリアも愛知県の知多郡や名古屋など幅広く対応しています。料金が気になる方には無料見積もりも行っていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Copyright (C) 株式会社ACS. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

PAGE TOP